スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

人の死と「あの日を忘れない」終わり

今まで「あの日を忘れない」を読んで下さって有り難う御座います。


去年の8月末、今お世話になっている会社の元社長で大好きな叔父さんがガンで亡くなってその後、11月中頃、実家の父が肺炎で亡くなり、そして今回の震災で妻を含め同級生、数多くの知り合いを亡くしました。
海で見つけた2人の水死体。
人の死についてすごくすごく考えさせられました。
愛猫もそうです。
今回その死を無駄にしないように、今まで同様、事実をありのままに載せていきますので、2人目の水死体の記事で気持ちが悪くなったら他の楽しい愛猫のブログを見て下さいね。





「あの日を忘れない」(完)



その後も忙しく飛び回っている内に4月12日になり青年の家から支援物資の運ぶ番が来て親友と運ぶことになりました。
午後、少し時間が空いたので沖に浮かべた船に手入れをしょうと海岸にある船外機を借りて湾を出てすぐの牡蠣イカダの固まった残骸の所に白ちゃけた物が一瞬、目に入ったので一回戻ってと言い戻ってもらい、よく見たら腐乱した遺体が、うつ伏せで足と手が下がって浮いていました。
頭は半分以上が抜けていて下ズボンはいていましたがシャツは肩までめくれ背中はむきだしの状態で茶褐色化し見た感じ70~80歳位のお爺さんかと思いました。

すぐ警察に連絡を取り、後を頼みましたが、警察から電話があり、すぐ来れないし船が無いので行けないとの連絡。
海上保安庁に連絡を取らせ、船の用事も済、帰りに200~300m位走った所でエンジンがストップし漂流してしまいました。

海岸に船のある人に連絡を取りましたが中々見つからず、そうこうしているとヘリが来ましたが遺体を見つけられずに飛び回っているだけです。
海上保安庁に連絡を取りヘリに大体の場所を教えましたが、わからずじまい。
今度は携帯の電池切れ、ヘリはスピーカーでこちらは手信号で○、×をして合図。

結局見つけられず、そうしている内に船外機の迎えが来て遺体の所へ行き、ここですと教えましたがヘリからレスキュウー隊が投下して遺体を収容するわけでもないし、結局、迎えに来てくれた人と3人でシートを使い船外機に積み込みました。

あの日から1か月たったので腐った悪臭が凄かったです。
でも、一か月前の遺体は収容出来なかったお詫びと妻を見つけてもらったお礼、一人でも家族の元へ帰ってもらいたい一心で収容しました。
タイミングよく海上保安庁の船が近くまで来たのでその船に積み込みました。
遺体をシートの上で海上保安庁の人が仰向けにしたら、顔は男女の判断出来無い位、変わっていましたが乳房の大きさから女性らしいとの事でした。
船には藤浜の海岸で見つかった毛布を掛けた一遺体がありました。

三日ぐらい過ぎて、あの遺体40歳ぐらいの女性で家族の元へ帰ったそうです。
妻が帰って来てくれた、あの嬉しさを忘れません。
この人も家族に帰ってくれて、本当に有り難うと思いました
。本人もどんなに家族に会いたかったのだろうと思うと「あ~よかった」と晴れ晴れした気持ちになりました。

忙しく動いている内に15日になり、前から千葉の親戚が賃貸していたマンションが、ちょうど空き、そちらに引っ越す事になっていました。
5トントラックで最初は息子の運転で走りましたが、菅生サービスパーキングで駐車しようと息子がハンドルをゆっくり切った瞬間、車がななめ後ろからぶつかって来ました。
そこで3,4時間足止め、もう最悪でした。
その後、私は千葉まで運転し一睡もしないで荷物を降ろして夕方すぐ宮城へ、16日の夜10時前だったと思いますが到着。
すぐ、爆睡。
あさ、夜明けと同時に息子の軽自動車で千葉に行く準備、残った荷物と妻(遺骨)とモモを乗せその脇に母、前に息子と私が乗って涙で親戚部落みんなに挨拶をして出発しました。
もちろん、別家の奥さんあの時の事は絶対忘れませんと涙でハグし別れました。
そのあと、志津川の親戚、入谷の私の実家に挨拶をして千葉に向かい細心の注意で安全運転で千葉に着きました。

その後、忙しく1か月が過ぎあの事故の割合が五分五分と言う事で相手は保険を使い此方は借りた車なので保険は使えず数十万の手出しです。
凄く、財布に痛かったでした。
でも、此方も相手も怪我とか命に別状はなかったので、高い物になりましたが、よかったです。
その後も、宮城で海が荒れ船が沖に流され、海上保安庁が見つけて下さったり、ハプニング続き、まだまだ、これからも色々出て来ると思います。

妻が亡くなり49日にこちらの方丈さんにお経をあげてもらい、しばらくは妻を思い出しては気が落ち込んだりしましたが、百ケ日の云われとして(この日からは涙を止める事、仏様がいつまでも成仏出来ないから)と書いてあったので百ケ日の日からは妻の成仏のため気分を少し変えたら、だいぶでは無いのですが死を受け入れる事が出来ました。



最後に妻に。
「妻よ、私が行くまであの世で好きなブログを書いたり、花を育てたり、早くに49歳で亡くなったお父さん、去年逝った叔父さん、私の実の父と色々話などをして待っててね」それまでサヨウナラ。

これがうみねことモモが見つかった経緯、これまでに私の身にふりかかった事々です。
苦労はどんな事でも受け入れられるし、自分のプラスになるのでこれからも頑張って妻の分、生きて行きます



これを読んで下さった、みなさんに読むに耐えない字とか表現が多々あった事、お詫び申し上げます。
私はこの程度ですが、部落に幼い女の子3人と旦那様、実の父を亡くされ、まだ、女の子一人が見つかっていない方、その他、大変な思いをされた方々が数えきれない程います。
被災された方々の思いを少しでもわかって戴けたらと思ってブログに載せました。
この震災を風化させたくないし私は忘れないし、皆さん身にも起こり得る事なので忘れてほしく無いです。

次回のブログからはモモのブログを載せたいと思います。
最後まで、付き合って下さったみなさん有り難う御座いました。

comment

No title

うみねこパパさん

書いて下さってありがとうございます。
決して風化させない。

No title

うみねこパパさん,ありがとうございました。
テレビでみる凄まじい震災の被害の中の美談は
胸を打ちますし涙を誘いますが,
私たちはただ共感することだけではなくて,
今回のことで多くを学ばないといけないと思います。
うみねこパパさんのお話は本当に本当に貴重です。
絶対に忘れないし,いつか自分の身に起こるかもしれない,
本当にそうだと思います。

今日まで本当に色々なご苦労が絶えなかったのですね。
うみねこパパ,ご家族の体と心がどうか休まりますように。

No title

うみねこさんのご主人様
更新して下さってありがとうございました。

壮絶なご体験・・・文章にされるのは大変お辛かったとお察しいたします。

どうぞお身体に注意して、ももちゃんと一緒に うみねこさんの分も長生きしてくださいね。
遠くから応援しています。

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

No title

うみねこパパさん、とっても貴重な「あの日を忘れない」をつづって下さって本当に有難うございました。 「完」まで大変な戦いだったと思います。 でもパパさんから何か使命感のようなものが感じられて、私もただ涙するだけでなく災害に対する備えについて改めて思ったり、どれだけ先までも風化させてはいけないと強く思いました。

パパさんもご家族様もどうかお体を大切になさって下さいね。

No title

うみねこパパさん、
更新して下さって有難うございます。

風化させないし、絶対に忘れません・・
語り継いでいきます。

No title

うみねこパパさん、私もぜったいに忘れません。
何度も何度もパパさんの記事を読ませていただきました。
自分に出来ることを私も実践していきます。

モモちゃん、息子さん達とともに、これからも
どうかお身体を大切になさってくださいね。
少しずつ、優しい笑顔が増えて行きますように。。。
お祈りしています。
本当にありがとうございました。

No title

うみねこパパさん、ありがとうございました。

ニュースや映像で、震災の様子を拝見し、悲しさにあふれましたが、うみねこパパさんのお話を読ませていただき、今まではどこかで「人ごと」という立場で悲しんでいたことに気づかされました。

うみねこパパさんのひとつひとつの言葉に、今回の震災が、どれほど大切な人や物を奪った、自然の恐ろしい脅威であったのか、自分の身内のことのように、心に深く深く入り込み、刻まれました。

決して忘れません。
うみねこさん、ランちゃん、ゆずちゃんが生きた証しのこのブログに出会えたことを、感謝しています。

みんなで、一緒に、大切な明日を、生きていきましょう。



No title

ほんとに、ほんとに信じられないくらい辛い思いをされてる多くの方々がいることを改めて実感させられます。

この思いを私も一生忘れずにいます。
これだけの事を乗り切って来たパパさん・・メンズさん、ももちゃん
皆強いですね。
これからはいい事一杯あると思います。空からうみねこさんがいつも見守ってますからね。らんちゃん、ゆずちゃんも・・・・

ごめんなさい。やっぱり私はまた泣いちゃいます。
できるだけ泣かないようがんばります。

暑いですからお体には十分気をつけてくださいね。
パパさんが元気がみんなの元気ですから。
ももちゃんも暑くてかわいそーですね。

No title

プロの物書きさんが書かれた、作りあげた文でなく、
うみねこパパさんの率直な文章が心にしみました。

うみねこさんとうみねこパパさんの生きざまは、
『今を精一杯生きる。』という、大切なことを教えてくださいました。
これからの私の人生の中で、絶対に忘れない事のひとつです。

この「あの日を忘れない」を、記事にしてくださってありがとうございました!

これからも、モモちゃんの可愛い記事の更新を楽しみにしています!

暑い毎日、うみねこ家族の皆さま、お体に気をつけてお過ごしください!

No title

お身体大切に。
私も震災の事、決して忘れません。

悲しく辛い中、ありがとうございました。

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

うみねこパパさん、わずか一年たらずで愛する人を次々と亡くされたんですね。本当に大変だった事でしょう。遺体を見つけられた様子などを教えて下さり、捜索に当たって下さってる多くの方々のご苦労を垣間見る事が出来、改めて感謝の気持ちが深まりました。パパさんが見つけた方がご家族の元に戻られて本当に良かったですね。
パパさんはママさんを深く愛してたんですね。心身共に、後から疲れが出ることもあります。どうぞご自愛のうちにお過ごし下さいね。

ありがとう

うみねこパパサン
まだまだお辛い気持ちなのに「あの日をわすれない」を書いてくださってありがとうございます。

不謹慎かもしれませんが…私は人間が苦手で、自分も早く寿命がくればいいな。。なんて、想いながら、いままで37年間生きてきました。。
でも、うみねこパパサンが辛いのに詳細を載せてくださって、せっかく自分は五体満足に生きていられるのだから、いままでのように生きてたら申し訳ない気持ちでいっぱいになりました。
これからは、前向きに希望をもって、もっと人間をスキになれる努力をしていこうという気持ちにさせてもらいました。

うみねこパパサンありがとう!
私も頑張るので、うみねこパパサンもこれからの人生、できれば楽しく過ごしてもらえたらなーと思います。
もちろん、すぐにはムリだと思いますが、ゆっくり、ゆっくり、やっていきましょうね!
応援してるし、願ってますね!

うまく言えませんが…
辛い・大変なのはわかっていても、なかなかリアルな体験を聞くことはできないので…。
日常の幸せ・普通の毎日がいかに有り難いものかを感じることができてよかった。
まだまだ不自由なことばかりな中、ありがとうございます。
うまく人の為に何かをできなくても、小さなことからしていきたい、毎日を大切に生きていきたい、そう思いました。

No title

うみねこパパさん、ありがとうございます。

『かわいそう』という感情や『頑張って』という綺麗事で
済ませてはいけない震災の爪あと・・・絶対に忘れませんよ。
ワタシは同じ東北に住むものとして同じ痛みを知っています。

実際の傷は無くとも、体や心をえぐるような痛みを知っています。

うみねこパパさん、いつでも光や希望はそこにありますよね。

それを教えてくれたのは、あの日旅立っていった、
うみねこさんや他の方々・・・命を持って教えてくれました。

すべて、すべて、すべて・・・絶対に忘れませんから。

No title

うみねこパパさん、ありがとうございます。
日常の幸せがどんなにありがたいことか
考える時間を頂きました。
これからも前向きに生きて行こうと思います。
これから、暑い季節がやってきます。
くれぐれも、うみねこパパさん、ご家族様、お身体ご自愛くださいね。

No title

うみねこさんのご主人様

きっとお辛い気持ちで書いてくださったことと思います。
でも私もひとつ乗り越えられたような気がします。
ありがとうございます。
お忙しい中ですので、無理せずモモちゃんのことなどまたアップしてください。

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

No title

うみねこパパさん。。私も絶対に3月11日「あの日を忘れません!」
どれだけ沢山の方々にとって私達の想像も及ばない程に辛い震災であったか。
忘れてはならない!!こうやって強く思うようになれたのもうみねこさん、パパさんの存在のおかげです。

海・猫・日記に出会えて本当によかったです。

生きる

6年前娘を亡くし、2年前にその婿を亡くしました。今、15歳の孫娘と暮らしています。わけあって9歳の孫息子は父方で生活しています。娘亡きあと、ふたりの孫に生かされてきました。しかし、むこ亡きあとは孫息子に合うことはゆるされす、最後の日泣き叫んでいた姿は、いまも忘れることはてきません。1日も早く人生が終わること・・そんな気持ちで生きていたじぶんが恥ずかしいです。生きていればいつか会える。そう信じて、生きていきます。海猫ぱぱさん、ありがとうございます。

No title

はじめまして。

コメントするのは初めてですが
以前から 時々 遊びに来て 3にゃんの幸せそうな姿に癒されていました。
 
被災地から 遠い岡山では 既に震災の事が風化しつつあります。

でも まだまだ 家族を探されている方や 不便な生活をされている方がたくさん居る事。

こちらで保護している被災地からの猫たちの様に保護を求めている子達がたくさん居ることを 少しでも みんなが知ってくれるように。。と願います。

辛い中のアップ 本当にありがとうございました。

これから暑くなります。 どうぞご自愛ください。

平凡な毎日

いつも そばに いて
わがまま言う 猫

甘えてくる 猫
ドタバタ 走る 猫

抜け毛が もわもわ

そんな なーんにもない
平凡な 毎日が
一番 幸せ と
気付かされ 感謝です

大きく傷ついた 心を 少しでも
なごませて 癒してくれる
モモちゃんに 平凡な毎日を

No title

うみねこパパさん、書いてくださって本当にありがとうございました。。
あの日を忘れずに生きていきますね。。
そして、いつの日かあちらでうみねこさんにお会いできるだろうことを、
楽しみにしています。。

No title

なかなか結果が出ず、人に遅れを取る事ばかりが目につく日々を投げ出してしまいたくなることがあります。
頑張ります。贅沢なことを言っていないで頑張ります。ここを読んで、本当にそう思いました。
海猫さん御一家のお気持ちが少しでも晴れますよう、モモちゃんが少しでも涼しく過ごせますよう(アメショって意外と毛が多いですよね)、心より申し上げます。

No title

パパさんの思いが伝わる更新ありがとうございました。
もう会えないと思ったら悲しいだけ…いつかまた会えると思えたら
それを励みに強くなれます。
待ってるからね。それまでしっかり!ってうみねこさんの声が聞こえて
くる気がします。人生は良い事と悪い事は最終的には皆、平等に
なっていると聞いた事があります。パパさんご家族や多くの方が
今回辛く、悲しい思いをされ今も苦労されてる人が沢山います。
これからはきっと沢山の幸せが来てほしいと思います。
辛い経験をされた人こそ、平凡な日常生活を送っている時には
気づく事の出来ない小さな幸せにも気づけると思います。
これからも応援しています!同じ愛猫仲間としてブログも楽しみです!
無理はしないようお体に気をつけて下さいね!

No title

こういう経験は、経験された本人しか実感できない
ものなのかもしれません。
この世界には、どうにもできない悲しみが存在します。
亡くなられた方々は、もう生き返ることはありません。
だけど、生きてる人を救うことはできるはずです。
国民も政府も、せめて生き残った被災者のために
できる限りのことをすべきと思いました。

No title

うみねこパパさんへ

今でも、信じがたい出来事は、広島の町では身近に感じられないくらい自然も生活も 何時も通りに時間は動いています。
政治や官僚への不信感は、同じ日本の国民として活気が薄れてますね!
私は、辛い事があると子供の頃から母に話します。
胸の閊が少しは取れて、じっと家にいるよりも違った環境に出会う事で
新しい発見と新しい楽しさも見つかることでしょう。

名古屋のコンクリートジャングルで育った私は、かすかな自然の美しさは記憶に有りますが、あっという間に無くなり、自分の心も
交通事故、列車事故、入水自殺、焼身自殺、なんでこんなに遭遇するのだろう!?と不思議に思いましたが、可愛そうとか感じる子供時代ではありませんでした。
今、自然と都会が共有する街で過ごしてから、生物の季節を彩る時間や、人に対する思いやりや気配りや優しさを感じられる場所に感謝してます。
特に、自然と人間身溢れる東北の皆様の今回の予期せぬ自然と
人災の被害、世界の人々も復興の願いを伝えてくださって
私達も嬉しいです。
奥様の立ち上げたブログ、悲喜こもごもにかいてくださいね♪
有難う ございました。  この暑さ、どうかご自愛なさって お元気に
お過ごしください☆

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

厳しい現実にびっくりしました。

辛いのに、書いてくださって、ありがとうございます。奈良に住んでいる私にとって、想像をぜっする話ばかりで、被災地の厳しい現実をうかがい、知ることができました。読んでいるだけで、悲しみがあふれてきて、言葉になりません。
暑い日々が続くと思いますが、熱中症に、気をつけてくださいね。

お疲れ様でした

辛いご経験を語ってくださってありがとうございました。
私も、いつ何が起こって明日亡くならないとも限らないと
記事を拝見しながら、身の引き締まる思いでした。

モモちゃんは、奥様の忘れ形見ですね。
愛猫家に取って、猫を後に遺してゆくことは、自分が死ぬことよりも辛くやり切れないものです。
モモちゃんを大切に守ってくださる、優しいご主人がいらっしゃること
きっと奥様は安心して、ご主人に感謝なさっておられると存じます。

モモちゃんと、ご子息達ほかご家族の皆様
心ならずも急逝なさった奥様の分まで、どうぞお健やかにと願っております。

末筆ながら、奥様と、お供なさった猫ちゃん達の御冥福を
衷心よりお祈り申し上げます。

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

絶対に忘れない

記事を読ませていただくたびに辛く悲しい旦那様の気持ち、悲惨な状況が伝わってきて
涙が止まりませんでした。
思い出しながら記事を書き綴るのはとても苦しいことだったと思います。

私も微力ではありますが被災地に対して自分が出来ることを
続けていこうと思います。

皆様どうかご自愛下さい。
うみねこさん、蘭ちゃん、柚子ちゃんのご冥福をお祈り申し上げます。

No title

更新ありがとうございます

名古屋でも本当に気持ちの悪い
ぐるぐる回るような地震を感じました

仕事で埼玉の方に出かけても
屋根にブルーシートがかけてあったり
仙台の業者さんも
「TVで見るよりもっとひどいんだよ・・・
たばこが無くって みんなに頼まれて
買っていくんだ・・・」

そしてうみねこさんの事
忘れません
でも 悲しいです
地震、津波が本当に憎いです

こんばんは

僕は猫のクリちゃんです。
訪問ありがとうございます。

うみねこさんの事は地震が起きてあちこちのブログで
情報を共有する中で知りました。
僕のブロ友さんは色んな所で呼びかけて全員無事が
確認出来ました。

僕はあの日を忘れません。
絶対に忘れません。
そして被災した人や動物全ての存在がまた普通に暮らせるように
なるまで、僕に出来る事をずっとやって行こうと思っています。

僕は流した涙を忘れません。

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

No title

うみねこパパさん、
あの震災の辛い記憶を思い出し、最後まで書いて私達に教えて下さって本当にありがとうございました。
私も他の地域に住んでいるからと目を反らすことなく、これからも関心を持ち続けて一助になりたいなと改めて思いました。

次から次にうみねこパパさん達に襲ってくる災難・・・
読みながら「もうこれ以上はやめて!」と神様にお願いしたくなりました。

今もまだ進行形で大変な事も山積みなのかもしれませんが、
苦しんだ皆様のこれからの毎日に
「幸せ」と感じられる瞬間が1つでも多くありますように。
そう祈ってやみません。

梅雨も明けて酷暑な毎日がやってきましたね。
地震も、最近もまた大きく揺れる事が多くなった気がします。
どうぞ、夏バテや余震等、色々な事に御留意されて、元気にお過ごしくださいね^^

モモちゃんの記事も楽しみにしてます☆
そして、もしうみねこパパさんがこれから先、モヤモヤするような事がおこって、こちらで文章にする事ですっきりするような事があったら、どうぞこちらに吐き出して下さいね。
文章にする事で頭が整理されたり、スッキリする事も時としてありますから~^^

語る継ぐこと

書いてくださって有難うございます。

承認待ちコメント

このコメントは管理者の承認待ちです

承認待ちコメント

このコメントは管理者の承認待ちです

No title

突然の過去記事へのコメント失礼します。
私は中国地方に住む18歳のものです。
震災当時友達と家で遊んでおり、ふと何かを感じたのか
付けていなかったテレビを付けた所
画面いっぱいの津波の映像が流れており唖然としました。
中国地方では揺れはまったくなく、ただただこれが現実なのか分からない思いでその後のニュースを見る日々が続きました。
沢山の方が亡くなりました。私たちにはきっと理解することはできないのだと思います。
しかし、少しでもブログ主様や被災者の皆様の気持ちを理解したくて
私は本当に些細なことですが募金などに協力をしています。
言葉に表すことが難しく何を言っているのか私にもよく分かりませんが・・・
主様が体験記としてこちらの記事を書いてくださったおかげで私はまた一歩皆様の気持ちを分かることができたと思いますし、
震災の怖さ、仲間の大切さ、家族の絆、沢山のものを学ぶことができました。
震災から3年たちましたが私はテレビで見た映像を忘れることはありません。
主さま、被災者の皆様がその後の人生を幸せに送れますよう心からお祈り申し上げます。

辛かった事を残してくださってありがとうございました。
決して忘れない。
忘れちゃいけない。

ご冥福をお祈りいたします。

読ませていただきありがとうございました。

猫好き仲間のブログにリンクがありましたので、お邪魔させていただきました。

涙が止まりません…
3.11決して忘れません。

承認待ちコメント

このコメントは管理者の承認待ちです

承認待ちコメント

このコメントは管理者の承認待ちです
Secret

自己紹介

      【うみねこ】       宮城県在住    自然と猫にどっぷりと浸かった毎日        【桃子】     アメリカン・ショートヘア       シルバータビー     2007年2月16日生まれ     甘えん坊のおねだり上手     ちょっとメタポな女の子 DSC03350.jpg         【蘭】        ラグドール       ブルーバイカラー      2008年6月21日生まれ     怖いもの知らずなお転婆娘        脱走歴あり

FC2カウンター

来てくれてありがとう!

CalendArchive

桃子(モモ)

アメショ(シルバータビー)
2007年2月16日生♀
  甘えん坊で
食べるの大好き
おねだり上手

蘭(ラン)

ラグドール(ブルーバイカラー)
2008年6月21日生♀
物おじしないマイペース
脱走壁あり

柚子(ゆず)

スコテッシュフォールド(キャリコ)
2010年8月14日生♀
かなりなお転婆さん
お姉ちゃん達も逃げ出す

簡易型ネコの年齢計算機(グラフィック版)

人気ブログランキング

人気ブログランキングへ

ランキングに参加中

一日1回ポチッとお願い!

コメントありがとう♪

今 何人?

現在の閲覧者数:

簡易型ネコの年齢計算機

メールフォーム

ごようのかたはこちらから

名前:
メール:
件名:
本文:

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。